ハートストリングス(heartstrings) = 心の琴線

私たちは、感性をハートストリングス(心の琴線)と名付けています。

こころに響く

という言葉があります。

これは「琴線に触れる/響く」とも表現でき、喜怒哀楽という感情だけでは表現できない深い感性の揺らぎのことです。

 

私たちの日々で、五感などの知覚を通じて得た刺激は感性に響き、それまで無意識だった情報を瞬時に繋なげ、新しい価値観を生み出します。

それを私たちは、創造力(想像力)と呼びます。

 

雨が降った後の臭い、咲いた花に心を動かし、鳥の鳴き声で安らぎ、海に潜って感動し、美味しい果実を食べて嬉しくなる。

感情が動き、経験を重ねた数だけ、感性のセンサー感度が高くなり、感度の幅(種類)広がるのです。

そしてその感性は、誰ひとりとも同じではありません。

 

感性を育むことが人生を豊かにするということは、誰もが本能的に理解をしています。

しかし、感性をどのように育てることができるのか、人生や仕事、社会でどのように活かすことができるのかについては、まだまだ明らかにされていません。

むしろ、感性よりも知識や技術のほうが優先され、経済性などが優先されている現代では、感性が置き去りにされているようにさえ感じます。

感性を育むことの必要性を感じている人々は、その必要性を感覚的に理解しているものの、具体的にその必要性を伝えることを苦手としています。

ハートストリングス 感性研究所では、感性を研究することで、感性を育むことで人生を豊かにできる具体的な方法や、仕事に感性と取り組むことでこれからのAI(人工知能)時代で活躍できる人材育成・能力開発について取り組んでいます。

 

 

 

組織概要

組織名 : ハートストリングス 感性研究所 (Heartstrings Institute)

代表 : 中島康滋

設立 : 2004年1月14日

所在地 : 〒456-0006 名古屋市熱田区沢下町8番5号 東館3階 イノベーションファクトリー株式会社

事業内容 : 感性の研究、感性を育み発揮するための人材育成、感性に響く事業・商品の監修・開発、感性ブランド&マーケティング監修・開発